藤本農園さんで稲刈り

広島県庄原市東城でアイガモや和牛と一緒に、
こだわりの米作りを続けてらっしゃる藤本農園さんで「収穫感謝祭」があり、

稲刈り体験してきました。

当社 5月31日のブログ「広島東城「藤本農園」で田植え体験」で

植えた稲が実り、今回は収穫作業です。

5月に放したアイガモの雛が・・・・とっても大きく成長していました(≡^∇^≡)

kamo1

・・・可愛いのに・・大きくなったら美味しそうと思ってしまう私をお許しください・・・( ̄w ̄)

まずは労働前に腹ごしらえ!

mochi

つきたてのお餅を、きなこ& 大根おろしでいただきました。

格別おいしー!!!:lol:

omochi

さあ、鎌を片手に初めての稲刈り。

意外にざくざくと刈り取りできて、楽しい!

刈った後の地面からは、かえるやら、いろんな虫がわんさか出てくる?!ヽ(ヽ ̄□ ̄))))) ヒエ!!!

気にしない気にしない・・・

inekari

続いて、さつまいも掘り!

今年は不作だというお話でしたが・・・・

imohori

imo

結構大きなさつまいもがとれました♪

そして、お待ちかね(!?) 新米おにぎりと郷土料理と鴨鍋!

美味しかったー!!!

shinmai

この世の最後に何を食べたいかと言われると迷わず「おにぎり」と答えるぐらいお米が大好きです。

藤本さんのところでは、アイガモたちに水田の虫や草を食べてもらい
農薬散布を行わずにお米を育てる農法を実践しておられますが、
一日体験したぐらいでは到底わからないご苦労がたくさんあるのだろうと思います。

そうしてできたお米はもちっとしてほのかな甘みがあり、とっても美味しいのです。

昔、母に「ごはん粒ひとつひとつに88の神様がいるから最後まできちんと食べなさい」と言われ
以来、できるだけ残さず食べてきました。

この数字には諸説色々あるようですが、今思うと88の神様というのは、
農家の方がお米を育てるためには88の苦労の工程があって
だから昔の人はそれを神様に例えて感謝して残さず食べなさい、って言っていたのかなと思うのです。

美味しいお米を育てるためにアイガモさんたちも頑張って働いてくれて、
鴨なべになって、私はまたそれを美味しくいただきました。
お米も鴨も野菜も、私の血となり肉となって、私を生かしてくれます。
感謝感謝!の「収穫感謝祭」でした。

藤本農園さん、田守商事の田守さん、お世話になりました。有り難うございました!\(^▽^)/

カテゴリー: 日々それぞれ パーマリンク

藤本農園さんで稲刈り への2件のフィードバック

  1. 36右衛門 のコメント:

    遅ればせながらですが
    先日はご家族そろってのご参加
    遠路遥々誠にありがとうございました
    私事ですが、月曜日は12時過ぎまで米搗き
    火一人で2tあまり集荷
    で水曜日はなんだか恥ずかしいところに痛みを感じながら
    奈良県や地元のお米の集荷を運転手と二人で8tチョット
    で、木曜日痛みに耐え切れず「DI-ROU」をきってきました
    ・・・・・大変辛く痛いです
    ・・・・・・・・・まだ地元と奈良・和歌山だけでも9t程集荷せねば・・・嗚呼
      また今度の春にも東城へキンサイョ   失礼しました

    • 制作miki のコメント:

      こちらこそお世話になりました!
      36右衛門さん、相変わらずお忙しそうですね・・・お体大丈夫ですか?
      あまり無理なさらないようにお大事に・・!
      次の春は社員旅行でお邪魔しますので、よろしくお願いします(^▽^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です