ロバのパン屋さん

四国には縁もゆかりもないのですが、家があります。

11月の連休、久々に香川へ遊びに行きました。
庭は手入れを全くしていないのにもかかわらず、柿が豊作。
猿が取りにきてたで~と近所の方から連絡をもらっていたので今度は取られる前に取ってやろうと収穫作業。

最近はイノシシやら鹿も出没するらしい。
動物たちも、食べごろというのを熟知しているらしく、「明日、収穫しよかな~」と待っていると次の日にはカラスにやられていたりする。

住んでいる方々にとって作物を荒らされることは大変なことだが、なんだか自然や動物たちとの距離がとても近くに感じられて
大阪に住んでいてはわからないことだなあと思った。

そんなことを考えながら、朝、庭掃除をしていたら

♪ロバ~のお~じさん、チンカ~ラリン♪
と、どこからか軽快な音楽が。dscn1611

!!ロバのばん屋さんだーっ!!

財布をひっつかんで、外に出たら
家の前にロバのばん屋のライトバンが。

小さい頃住んでいた団地周辺に、いつもあの音楽を鳴らして来ていた。
もちろんロバが屋台を引いていた時代は知らないけど!

ロバのパンといえば蒸しパン。
パンの皮がはじけているのは秘伝の原料のなせる技らしい。
とりあえず抹茶つぶあんと黒糖と、いもチーズパンをげっつ。

甘みをおさえた素朴なお味。
dscn1612
特にサツマイモがうまっ! びみょ~な塩加減がgoooo!
大変おいしゅうございました(-ω-)げふ

なかなか貴重な出会いが嬉しかった、香川の休日でした。

 

カテゴリー: 美味しいもの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です