WEBの環境で感じることに、モバイル対策とhttps

2018年は、ロジップの法人設立10年の記念の年
おかげさまで多くの方からのご支援をいただきこの年を迎えました

私たちの創立当時からはWEBの世界も大きく変わりました
インフラ・システム・ニーズなど錯綜する中でホームページも様変わり

特に最近感じることに、モバイルデバイスがPCよりも活躍の場を広げた事と、セキュリティー対策の厳格化があります
ともに数年前からGoogleさんの提唱されていたものが、確実に浸透してきたという風に感じます
 
 
 
【モバイル対策】


3年ほど前までは、私どもに対して、クライアント様からのホームページへ制作ニーズは「会社案内」という、オフィシャルニーズが中心でしたので、あくまでビジネス環境での検索を想定しご提案、コストパフォーマンス(制作費用)を抑える私どものポリシーからは、あえてモバイル対策はご希望あれば・・程度の、いわばあまり重視してないご提案となっていました

ところが昨年からは趣旨変更
理由は、ビジネスニーズのユーザーが、移動途中でもモバイルデバイスで、手軽にWEBを利用しているという事実
これが、PCと同様モバイル対策を進めた理由です

その為いわばモバイル軽視で2年以上前に制作したPCオンリーのサイトも、制作したホームページを作り替えることなく、モバイル閲覧できるレスポンシブ(wikipediaサイト)対策で、改めてリニューアルすることなく「機能追加」という制作手段で、私どもの基本の一つ「コストパフォーマンス」のご提案を続けております
 
 
【セキュリティ】


悪意のある様々な改ざんや、迷惑な感染スパムが絶えないネットの世界、利用するにも最低限のマナーは備える必要があります
そんな環境の中で昨年、大きな影響を受けたものに、あるサーバー会社が提供したサイト全体のセキュア対策の無料化
 
私どもでお取次ぎしていたセキュア化(SSL証明書)(wikipediaサイト)は、コストも年間10,000円弱という業界でも最安に近いセキュアでお取次ぎしていました
 
ところが24時間死活監視や電話サポートは安心ですが、初めてのホームページでコンパクトなサイトの場合、しっかりしたサーバーよりもコストを優先したいお客様もおられます
その場合こちらで安心できる別のサーバー会社と2本立てでのお取次ぎをしています
 
そんな中、コスト優先の会社が昨年秋、先ほどのセキュア対策の無料化の開始を始めました

セキュア化(https)されていないサイトが、ネットショップだとすれば「このサイトは安全ではありません」というような表示が出ていれば、ちょっとでも知識のあるお客様は、お買い物するのに躊躇するということは簡単に想像できます

そんな訳でロジップでは、メンテナンス契約のお客様で、無料SSLを使えるサーバーをご利用のクライアント様には、追加費用を頂くことなくお問い合わせフォームだけでなく、サイト全体のセキュア化対策をさせて頂いております
  
もちろんメンテナンス契約の無い当社が制作したサイトも手軽にセキュア化対策できるサービスも取り扱っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください
 
 

カテゴリー: 日々それぞれ パーマリンク