ロジップ窓辺の風景

wikipediaでは、「バジリコ(伊:Basilico、学名:Ocimum basilicum)は、シソ科メボウキ属の一年草。和名はメボウキ。英名のバジル(Basil)の名でも知られる、インド・熱帯アジア原産のハーブ」と紹介されています。

さてこのひ弱にしか見えないバジル。
もとはと言えば下のコンビニで見つけたペットボトルのお茶についていたオマケ!
種と人工培養土がついていて、先月7月初旬にペットボトルのフタに人工培養土なるものを置いて、種をうずめること1週間、
やや伸びてきたところで本当の土に移植して本日の記念撮影となりました。

このオマケ、何種類かありまして、パセリ・サニーレタス・ネギ・三つ葉とこのバジルだったような・・・
 
制作mikiさんも、けなげな姿に共感してご自宅に持って帰ったのですが、猫さまの胃袋に落ち着かれたと聞きました。
 
マクロモード(接写)で写してみたのですが、なかなか肉厚姿
 
猫さんやワンちゃんに食べられないことを願う1枚でした。

カテゴリー: 日々それぞれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です